グルコバイ50mg(アカルボース)

 

 

 

ザモカル(ゼニカル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

グルコバイの解説(通販 もえ薬局)

血糖値を改善するグルコバイをダイエット目的で使用する方は年々増えていますが、Amazonや楽天、薬局(ドラッグストア)などでは購入できません。ベストケンコーなどの海外製品の通販サイト(個人輸入代行サイト)でのみ販売されています。クリニックでもダイエット目的では販売してくれないことが多いので、ネット通販で注文するのが一般的です。

グルコバイにはα-アミラーゼ阻害剤も含まれており、食後の過剰な血糖値を防ぎます。正常な血糖値を継続することは、目先の病気の治療だけでなく、命に関わる病気の予防にもつながります。アカルボースを有効成分とする糖尿病治療薬で、バイエル社が製造しています。

バイエル社が製造・販売している糖尿病治療薬「グルコバイ」は、糖質の獲得を遅らせ、食後の血糖値の上昇を防ぐ薬です。グルコバイの摂取を維持することは、空腹時の血糖値の集計を差し引くことにも有効です。グルコバイの血糖値を下げる効果は、動脈硬化や脂肪蓄積の予防にも一役買っています。重度の肝硬変患者に投与した場合、便秘により高アンモニア血症が増加し、意識障害が生じることが報告されています。

グルコバイは、2型糖尿病の治療薬です。有効成分であるアカルボースは、1990年にドイツのバイエル社によって医薬品として承認されました。ドイツで根強い人気を誇る製薬会社バイエル社が開発した、糖質の獲得を阻害し、食後の血糖値の上昇を抑える薬です。糖尿病の治療にも使用されています。主成分のアカルボースは、日本の厚生労働省でも承認されており、α-グルコシダーゼ阻害剤に分類されます。

グルコバイは、今まで食べていた糖分をなかったことにすることができる糖尿病薬です。インスリンの分泌を促すものではありませんが、血糖値の上昇を抑えることで、膵臓の閉塞感も軽減されます。また、毎日の血糖値を適切に守ることで、やがて起こるかもしれない数々の合併症を防ぐことができます。αグルコシダーゼは、食物に含まれる増加した糖類が腸内に浸透する際に、単一の糖類に開くと考えられている。単一糖類は小腸から吸収されやすく、血糖値が高くなる可能性があります。

アカルボースは、糖類とその化学反応を担うα-グルコシダーゼという酵素の結びつきを阻害し、体内で糖類を消化する時間を与えます。この作用により、食後の血糖値の上昇を遅らせることができます。グルコバイは、従来の血糖値を下げる薬とは異なる、新しいクラスの糖尿病治療薬です。その作用機序から「α-グルコシダーゼ阻害剤」と呼ばれ、その臨床効果から「第二過剰血糖改善剤」とも呼ばれています。

有効成分のアカルボースは、その作用機序から「α-グルコシダーゼ阻害剤」とも呼ばれています。なお、グルコバイを数ヶ月間服用しても、食事による第2血糖の修復ができない場合は、他の治療薬に切り替える必要があります。ダイエット目的で使用される際は効果の有無のタイミングを見極めるのが難しいので注意してください。