プラセントレックス(ヒトプラセンタジェル)

 

 

 

トレチノインジェル0.1%

 

 

 

 

 

ヒトプラセンタの解説(通販窓ロ)

ヒトプラセンタジェルは海外通販でのみ入手でき、定番商品としてはプラセントレックス(Placentrex)があります。赤いチューブに水色の美しいジェルが入った商品で、1本で1~2ヶ月使用できます。ネット掲示板やSNSでも非常に評価が高く、ベストケンコーやオオサカ堂などの通販サイトでもレビューが多数あります。一度使うと何回でもリピートしたくなる商品です。

プラセントレックスは、日本では手に入らないヒトプラセンタを配合した外用プラセンタジェルです。胎盤は母体と胎児をつなぐ重要な器官で、胎児の生存と成長に関わっています。小さな受精卵が10ヶ月で度胸のある人間に成長するのをコントロールしているプラセンタには、生命を維持するための栄養素(アミノ酸、タンパク質、ビタミン、ミネラル、根酸、脂肪酸と糖、粘液質の糖、酵素)が豊富に含まれています。

プラセンタジェルには様々な効果があり、本来は火傷や傷跡を治すための薬ですが、肌の再生を促して若々しくする効果があると注目されています。また、肌の弾力性や滑らかさの向上、毛穴の改善、ニキビ跡の修復、シミやくすみのケアなどの効果も期待されています。ヒトプラセンタジェルは、有効成分としてヒト型プラセンタ(ヒト由来の胎盤)を配合しています。

プラセントレックスに配合されているプラセンタとは「胎盤」という意味です。日本で販売されているプラセンタ製品の多くは、牛、羊、馬、豚などの胎盤を使用していますが、プラセントレックスのプラセンタは、人由来の胎盤から記載された人の胎盤を使用して添加されています。胎盤は哺乳類の胎盤に含まれており、母親の子宮の空洞を構成する5つの器官で、母体と胎児の臍帯を指示しています。胎盤は、胎児の発育に必要な酸素や栄養素の供給、母体への有害物質の受け渡しのほか、造血液やタンパク質の合成、ホルモンの分泌などの役割を担っています。一般的には「更年期障害に良い」「冷え性でも問題ない」「貧血に良い」などと言われています。

ヒトプラセンタジェルの有効成分である『ヒトプラセンタ』は、ヒト由来の胎盤エキスです。胎盤から最適な有効成分だけを抽出しているので、血液などの不要なものは一切含まれていません。また、胎盤には「紫河輪」という漢方薬の冠のマークがついており、古くから漢方薬として使われてきました。中国では秦の始皇帝が不老不死の薬として使用し、日本では江東時代に加賀の三大薬の一つとして滋養強壮剤として使用されていました。

プラセンタには、「成長因子」という成分が含まれます。成長因子とは、細胞を活性化させて、新しい若い細胞を生み出すタンパク質のこと。人間の肌にとっては、代謝サイクルを促進し、身体の美容成分であるコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促します。人の肌細胞そのものに働きかけることで、若々しく美しい肌を引き出します。