アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

アジー250mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

 

 

アジーの解説(通販 もえ薬局)

アジー(Azee)はジスロマックのジェネリックで、国内の薬局では販売されていません。アジーは通販で販売されており、ベストケンコーやオオサカ堂、アイドラッグストアーなどの個人輸入代行業務を請け負うサイトから注文できます。定番の1000mgだけでなく、500mgや250mgの商品もありますが、有効成分あたりの価格で比較すると1000mg版が最もコスパが優れています。

アジーはジスロマックのジェネリック医薬品で、細菌感染時の症状改善に効果があります。ウイルスや真菌による感染症には適応がありませんが、クラミジアや淋病などの性感染症や歯周病、気管支炎などの治療に適しています。クラミジアに次いで多い感染症である淋菌が原因の淋病の場合、男性では尿道痛や激しい排尿痛、女性ではおりものの増加や悪臭、排尿痛などの症状があります。

有効成分アジスロマイシンを含有する抗生物質で、マクロライド系に分類されるジスロマックのジェネリック医薬品です。アジーは、クラミジア治療の第一選択薬であるジスロマックと同じアジスロマイシンを主成分とするジェネリックであり、同様の治療効果が期待できます。価格も約半額というメリットがあります。インドのCipla(シプラ)社が製造・販売しています。

主成分のアジスロマイシンは、性感染症による細菌を治療する薬で、淋病、梅毒、性器クラミジア感染症などの各種感染症やそれに伴う炎症の治療に用いられます。アジスロマイシンは、体内で長時間作用するため、服用回数が少なくて済み、飲み忘れを防ぐことができます。また、他の抗生物質に比べて副作用が少なく、そのほとんどが下痢、腹痛、吐き気などの軽いものです。一部の薬剤を除いて、他の薬剤との相互作用も少ないです。

抗生物質は、人間に害を及ぼす細菌に作用して、細菌の増殖を抑制する薬剤です。マクロードの抗生物質は、副作用が少なく幅広い抗菌作用があるため、子供からお年寄りまで幅広く処方されています。アジーを服用すると数日から1週間程度で症状が治まりますが、菌が残っている場合は再発の可能性があり、症状が悪化することもあります。

シプラ社が製造するマクロライド系抗生物質で、マイコプラズマをはじめ、クラミジアや淋病などの性感染症の治療に用いられ、ジスロマックのジェネリックです。アジーを使用する際の服用量ですが、淋病の場合は1回2000mg、性ラミジア感染症の場合は1回1000mg、梅毒の場合は1回1000mgを1日5日間服用するという目安があります。ただし、これはあくまでも目安なので医師の指示に基づいて状況に応じた適切な量を服用するのがよいでしょう。副作用は少ないと言われていますが、人によっては下痢や嘔吐、腹痛などが報告されています。発熱、かゆみ、だるさなどの明らかな異常が見られた場合は、直ちに服用を中止してください。