ツゲイン15(ミノキシジル15%)

ツゲイン5(ミノキシジル5%)

ツゲイン2(ミノキシジル2%)

 

 

 

 

 

ツゲインの解説(通販リセントリー)

海外個人輸入通販で人気のミノキシジル育毛剤「ツゲイン」(Tugain)は、最近パッケージがリニューアルされました(2019年ごろ)。よりモダンなボトルとなり、スプレーも非常に使いやすくなりました。ツゲインは成分量が2%・5%・10%の3種類あり、ベストケンコーやお薬なびでは全てネット通販で購入可能です。

ツゲインは、シプラ社が開発したAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。日本でもお馴染みのロゲイン(リアップ)のジェネリック医薬品で、ロゲインと全く同じ成分なので、安く買えるだけでなく、安心して同じ効果を期待することができます。一番人気のツゲイン10%は、ミノキシジルを10%の量で配合しています。

ミノキシジルの作用で影響を受けた動脈の拡張により、頭皮の血行が良くなり、毛根に栄養分が現れます。栄養素が毛根に届けば、毛乳頭は毛母細胞の成長に必要なタンパク質の生成が活発になります。同時に、毛母細胞にATPが送られ、毛母細胞が活性化され、髪の成長が促進されるのです。有効成分のミノキシジルは、日本ではリアップでは手に入らない10%の量を使用しており、発毛剤の中でも最も人気があると言われています。頭皮に簡単に使用でき、発毛を促進し、髪を強く、硬くする効果があります。

ツゲイン5%は、男性のAGAに悩む方に最適です。ツゲイン5%は、臨床試験が開始されたミノキシジルと同じ処方で、臨床試験と同様の発毛効果が期待できます。作用と副作用のバランスが取れたシンプルな仕様となっており、髪の少なさが気になり始めた方の最初の治療として最適です。ツゲインはインドのシプラ社が製造・販売しています。10%バージョンはリアップの2倍のミノキシジルが配合されており、生え際への効果が期待できます。

60mlのボトル1本だけで、1日1回1mlをジェットやスポイトのアプリケーターで使用しますので、30日分(1ヶ月分)使用することになります。なお、効果を十分に発揮して髪が豊かになったとしても、育毛機能を維持するためにはツゲインを使い続ける必要があります。使用をやめてしまうと効果がなくなってしまいますので、必ずツゲインを使い続けるようにしてください。

ミノキシジル製品には内服タイプもありますが、内服シリーズの方が効果が高く、体質によっては副作用が出る可能性があります。ただ、海外ではミノキシジルタブレットも薄毛治療薬として使用されていますが、日本では副作用が懸念されるため承認されていません。この他にも、日本では承認されていない治療法は数多くあります。そのため、日本ではツゲイン10%を販売することができません。海外から個人輸入する他に5%以上のミノキシジルを入手する方法は存在しません。

ツゲインは男性用のAGA治療薬で、頭皮に手軽に使用することで、発毛を強く促し、若い頃の美しい黒髪を取り戻すことができます。オオサカ堂やアイドラッグストアーではツゲインは通販されておらず知名度は低めでしたが、最近はベストケンコーなどの大手サイトでの販売が開始し人気上昇中です。