ノベロン(マーベロン・ジェネリック)

フェミロン(マーベロン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

マーベロンの解説(通販ディビジョン)

低用量ピルはいくつかのディビジョンに分けられますが、マーベロンは第3世代・一相性の商品です。個人輸入では「ノベロン」や「フェミロン」などのマーベロンジェネリックも通販でき、先発品よりもかなりリーズナブルで入手できます。成分量は先発と全く同じのため、有効性に差はなく、口コミでも高い評価となっています。

マーベロンやトリキュラーなどの低用量ピルは、避妊だけでなく、月経不順やニキビの改善などにも影響を与えることが期待できます。マーベロンは、噂の有名製薬メーカーであるMSD社が大量に生産・販売している経口避妊薬です。日本では「マーベロン錠21・28」の商品名で販売されています。一般的には、月経初日の眼球から毎日1錠を2日間服用し、その後7日間の休止期間を経て服用することになっています。

黄体ホルモンの作用により、子宮内膜の成長を抑制することができるため、排卵・受精が起こっても、受精卵が子宮の表面にペタペタと貼ることができず、妊娠を抑制することができます。また、子宮の末端付近の粘液の粘度を高め、精子が子宮内に侵入するのを防ぎます。マーベロンを服用する際には、いくつかの注意点があります。年齢や喫煙歴の有無などにかかわらず、副作用として血栓が発生することがあります。

マーベロンは、ホルモン剤21錠とプラセボ(偽薬)7錠の計28錠を服用します。従来の低用量ピルよりも血栓の心配が高まるという危険性があります。血栓対策として、やDHAなどのサプリメントを摂取している女性も取り入れています。マーベロンではありませんが、日本では子宮内膜症に伴う月経困難症に保険適用されているピルもあります。

低用量ピルは、排卵が抑制され、ホルモンの動向が自分のペースに保たれるため、PMS症候群(月経前に起こる精神的・生理的な不調)を改善します。また、月経が起こっている間は子宮内膜が厚くなり、取り込まれにくくなるため、月経血の量や時間が減り、月経痛や月経不順が改善されます。

低用量ピルは、女性が自分で妊娠・出産を理解できるようにするための女性ホルモン製剤で、少量の卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が含まれています。低用量ピルを正しく服用した場合の避妊率は、約100%です。低用量ピルは、1日中継続して服用しなければならない避妊薬ですが、1日のうちにホルモン量が変化する3相性の低用量ピルとは異なり、マーベロンは、1日のうちにホルモン量が一定の1相性タイプです。安心して服用することができます。

マーベロンは避妊だけでなく、女性特有の難点の改善にも効果があり、女性ホルモンの分泌は肌のツヤや体毛の減少にも効果があると言われています。黄体形成ホルモンと卵胞ホルモンの分泌を同様にコントロールし、排卵を促す卵胞攻撃ホルモンの分泌を抑制します。卵胞ホルモンと黄体ホルモンの成分が最小限に抑えられているため、副作用の少ない低用量ピルの一つとされています。薬を正しく服用していれば、避妊成功率が90%を下回ることはほとんどありません。飲み忘れがなく、正しく服用していれば、避妊抑制率は90%以上です。