ノキシジル(ミノキシジルタブレット)ボトルタイプ

ノキシジル(ミノキシジルタブレット)シートタイプ

 

 

 

 

 

ミノタブの解説(ジェネクリ・aga)

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)は、AGA治療にとって最強のアイテムだと言われています。フォリックスなどの高濃度のミノキシジル育毛剤よりも遥かに強力だとされ、進行したAGAや生え際の改善にはミノタブが現時点ではベストです。オオサカ堂やJISAでは格安のミノタブジェネリックを販売し、多くの男性が高評価のレビューをしています。

ミノタブは、Intas Pharmaceuticals Ltd.が開発・製造・販売する男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。ミノキシジルは、血管を刺激して毛根から毛乳頭に栄養分を放出することで、発毛・育毛を促進します。アグレッシブミノキシジル、プロテクティブフィナステリドと呼ばれるように、ミノキシジルとフィナステリドを同時に使用する男性も多くいます。抜け毛を抑えて元気な頭髪を育てることで、AGAの症状を生産的に発展させることが目指せます。

ミノキシジルなどの発毛薬と、抜け毛を小さくする薬を併用すると効果が高くなります。抜け毛を抑える薬は、頭頂部タイプのAGAにはフィナステリド、前頭部や全頭タイプのAGAにはデュタステリドを使用します。そのため、ミノタブとフィナステリド、デュタステリドを併用することが推奨されています。上記以外にも、日本では使用が認められていない薬が多数あります。安全かつ確実に使用するためには、医師と相談することが重要です。

ミノタブは、錠剤タイプのAGA治療薬です。内服することで有効成分が作用し、AGAの原因となる酵素を阻害します。頭皮の血流障害は髪の毛の不足や抜け毛の原因となりますが、ミノタブには血流活性化作用があり、頭皮に栄養分を行き渡らせ、髪の毛の勉強を促進します。毛根にある毛乳頭は、ヘアサイクルを整える上で非常に重要な役割を果たしている5つの器官です。ここに栄養が行っているときに毛乳頭にアプローチすることで、髪の毛が生えやすくなると言われています。逆に、頭皮部分の血行が良くないと育毛はうまくいきません。

インターネット上には、抜け毛をテーマにした様々な情報が掲載されていますが、多くのサイトでミノタブは最高評価を得ています。ミノタブは内服薬のため、塗る育毛剤のように頭皮のベタつきなどを気にしなくてもいい点も評価されています。

ミノタブは内服薬なので、リアップやロゲインなどの他の薬に比べて育毛・発毛効果が高いと言われています。また、薬では難しいとされる生え際の育毛・発毛にも効果があると言われています。セットで購入すると半額程度で購入でき、トータルコストを抑えられるのも見どころの一つです。

日本では、ミノキシジルは外用剤に限って厚生労働省に認可され、組み込まれています。皆さんが言わずと知れた大正製薬の「リアップ」ですね。海外では「Rogaine」(ロゲイン)という名前で販売されています。近年、日本のAGAクリニックでは、先進的な成果への注目、副作用への認識、正しい使用法の尊重などから、ミノタブの処方が増えています。