トール20mg(ルプラック・ジェネリック)

ダイトール10mg(ルプラック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ルプラックの解説(通販 チャレンジャー)

ルプラックはトラセミドを有効成分にもつ利尿剤です。ラシックス(フロセミド)の代わりとして個人輸入通販で人気急上昇中で、ネットの口コミでの評価も非常に高いです。「ダイトール」や「トール」といった後発品を購入される方がほとんどです。

ルプラックは、体内の余分な水分を取り除くことでむくみを解消する利尿剤で、体内に使われていない水分を感じさせることで、豊富な病気による浮腫みの治療に取り入れることができます。ルプラックは、安価でありながら非常に優れた利尿作用を発揮する優れた薬剤です。

ルプラックは、個人輸入が終了したフロセミド(ラシックス)の代替品です。体のむくみを解消するためには、体に負担をかけないことが大切です。ラシックス(フロセミド)よりも「強力で長時間作用する」と言われており、フロセミドの副作用であるカリウムの手詰まりを起こしにくい特性を持っています。

ルプラックは、ラシックスの代用品として人気のある利尿剤です。ルプラックの利尿効果はラシックスの10倍と言われており、血圧を下げる効果は、よりお財布に優しく、より安心して購入できることを目的としています。ルプラックの利尿作用は、服用後1時間以内に現れ、約6~8時間持続します。

ルプラックの有効成分であるトラセミドは、カリウムの排泄を抑えるカリウム受容性(抗アルドステロン性)を有しています。また、有効成分のトルセミドは、体内の不要な老廃物を尿として出すように滲み出させるので、ジャンボ排泄効果も期待できます。ルプラックとラシックスの違いは、排尿回数ではなく、一度の利尿量がラシックスの10倍と言われる利尿効果を持つことです。

ルプラックの主成分であるトラセミドは、体内の不要な有害物質を尿とともに排出するループ利尿薬であり、大きな老廃物除去効果が期待できます。ルプラックは、有名なフロセミド(ラシックス)の代替品とも言える利尿剤です。残留水分を尿とともに排泄することで、むくみを改善します。在宅勤務やテレワークなどで運動不足によるむくみが気になる方にもお勧めです。

トラセミドは、低カリウム血症離脱のリスクを軽減する形でカリウムを体外に出すことができます。また、トラセミドは、低密度の心不全の予後を補強し、脂質の質の代謝活動や耐糖能に影響を誘導することが知られています。

トラセミドを含有するルプラックは、むくみの治療にバランスよく有効であると期待されています。ルプラックに代表されるトラセミドを含有する利尿剤は、欧米をはじめとする各国で承認されており、日本でも「ルプラック」の商品名で知られています。体内の過剰な水分を排出し、体内の浮腫みを改善します。特に顔や交通などの浮腫みを素早く改善します。